わきが治療をして日々の悩みを改善していく

特有の体臭がある

医師と女性

人間は運動や緊張したときに汗をかきますが、わきがの人は汗をかいたときに独特の臭いを発生させます。
また人によっては白い洋服を着ているときに汗をかくとわきのところから黄ばみの症状が出ることもあります。
わきがは病気ではなく遺伝や体質から起こるものなので、わきが治療をするためには専門病院へ行くことが必要です。
他人からはその独特な臭いに気づかれることはありますが、自分自身の体臭は慣れてしまっていることから気づきにくいです。
そのため自分がわきがという意識がないことから、隠れわきがの人が日本だけでも多いのです。
日本では全体の約10%しかいないとされていますが、欧米の方では80%以上がわきがとされています。

昔はわきが治療が確立されていませんでしたが、現在では医療の進歩とともに多くのわきが治療が存在しています。
わきがの臭いはわきにあるアポクリン汗腺から分泌された汗にあります。
ここから出た汗が独特の臭いになってわきがとして症状を発生させるのです。
普段の対処法としては汗をかいたらすぐに拭きとることで臭いを発生させることがありません。
また市販で購入できる制汗剤も汗の臭いを緩和できるので、外出時に持っておくと役に立つはずです。
どうしてもわきが治療をしたいときには専門病院へ行って専門医と相談することで手術を受けることができます。
完全に治したいときには、わきがの原因となるアポクリン汗腺を取り除くという方法です。
アポクリン汗腺を取り除けば、高い確率でわきがの症状を治すことができます。

脱毛をする

ナースステーション

わきがの原因はわき毛にも大きくあり、わき毛がわきが独特の臭いを拡散させてしまいます。わきが治療で脱毛をするときには自己処理ではなく医療レーザー治療をすることで肌に負担をかけることなく脱毛できます。